中学受験の諦め時はいつ? 進路変更を考えるタイミング

中学受験を考えているけれど、子どもの成績が伸びてこない。受からないかもしれない受験のためにこのまま塾に通わせてもいいのか、いっそ受験を諦めたほうがいいのか…
親としては、悩みますよね。
そこで諦めるならどんなタイミングで諦めるべきか、中学受験の諦め時をご紹介しましょう。一つの参考にしてください。

子どもの心を守るために「止める」の判断も必要

中学受験で親が配慮したいのは、失敗することで「努力してもムダなんだ」と思ってしまいやる気をなくしてしまうこと。特に難関校に手が届く「成績のいい子」ほど、ダメだった時の挫折感は大きく、たとえ高校受験、大学受験で志望校に合格しても挫折感はなかなかぬぐえないものです。また12歳という人生経験が浅い時期での挫折は大きく心に残ります。
だからこそ、客観的に「止めた方がいい」場合は中学受験を諦めるのも選択肢の一つ。ではどんな時に「諦めた方がいい」と判断するべきなのでしょうか?

本人にやる気がない

やる気は集中力をアップさせ、脳を活性化させます。好きなことはなんでもやりたいし、どんどん吸収していきますが、嫌なことはなかなか覚えられないし、続けることも難しいものです。
親の意向を受けて中学受験をすることにしたけれど、本人にどうしてもやる気が出ず成績も志望校に届かないのなら、すっぱり諦めるのも方法でしょう。
この場合は塾から「いつまでにこのくらいの成績でないと難しい」という情報を共有してもらい、そこに届かない場合にすっぱり止めます。(もちろん家族でよく話し合いしょう)

また、やる気がなくても合格できそう、ということで中堅校を志望校にしているなら要注意。中堅校とはいえ、私立は公立とは違うカリキュラムを行います。私立は卒業後の進学先の質が問われるところが多いため、一般的に勉強量が多いもの。
入試には合格していても学校の要求レベルが高く、ついていくだけで精一杯になり、せっかく受かった学校での生活が挫折感でいっぱいになるケースもあり得ます。そんな時に本人の意思ではなく入った学校だったら、子どもはどう思うでしょう?
「行きたくて行ってる学校じゃないのに…」
親子喧嘩の原因になりかねません。

中堅校を受ける場合、その学校に本気で行きたいのかどうか、本人の意思の固さも中学受験のポイントです。

進学塾に入って半年たっても成績が上がらない

塾に入って半年たったところの偏差値が、その子のだいたいの偏差値と言われています。
塾や予備校の広告で見かける「偏差値40から偏差値70の難関校へ」というパターンの子ども、その部分だけ見ると「そりゃあすごい」と思うかもしれませんが、もともと地頭がよくても受験のための勉強をしていない子なら、初めての中学受験の模試で偏差値40になってしまうのは当然。そして試験対策を重ねれば、もともと地頭がいいだけに成績がぐわーっと上がります。そして成績が上がる子は、半年でぐわーっと上げてくるのがパターン。だから、半年たっても成績が上がらないなら、中学受験に向いていない大器晩成型の子どもかもしれません。

中学受験には早熟さが求められます。

大器晩成型の子は成績も上がらず、親もイライラしがちなので、高校受験に照準を合わせたほうがいいこともあります。
4教科で受験をするなら、11月ごろに合格圏内に届いていない場合は志望校を変更または諦めるという決断をしても。

ただし、本人にやる気があるなら最後まで応援してあげましょう。3年や4年のころから塾に通ってきたのに、「あなたには無理そうだから」と直前で受験を取りやめてしまうと「自分の頑張りはなんだったの?」と、子どもの自尊心を傷つけてしまうおそれがあります。

まとめ

中学受験を諦めるなら、できるだけ早いうちの方が子どものダメージが少なくて済みます。本人にやる気がなく、受験そのものが苦痛に感じているなら早めに手を打ちましょう。成績を見てから、というのなら11月ごろの成績が目安。塾の先生や模試の結果から「厳しそう」と言われるなら、諦める判断をしてもいいかもしれません。

スポンサーリンク



潮待ちステーション姉妹サイト
「書き方レシピ.com」

WEBライターの仕事は、「在宅で」「誰でも挑戦できる」のがメリット。やってみたという人のために、WEBライターがコンテンツの書き方のコツを大放出します。