中学受験はいつから準備する? 通塾の始め時・塾の選び方

中学受験というと都市部のイメージが強いのですが、福山だってまあまあ中学受験が盛んな地域。附属はまあ例外としても、「高校受験させるくらいなら中高一貫で勉強させて、大学受験に備えたい」という親御さんの声に応えてくれる中堅クラスの公立・私立の一貫校はたくさんあります。
今回は「どこがいい」ではなく「いつから始めるのがいいか」を検証します。

「中学受験の定番」って?

中学受験をさせるには、なんとなく「いつまでに何をさせる」という定番というものがあります。
幼稚園からスイミングやピアノ、くもんといった習い事を始め、体力や基礎学力、勉強・練習する習慣をつけておく。
4年生になったら、続けたい習い事を残すほかはスパっと切って、受験体制に突入。
4年生をターニングポイントととらえ、4年生から受験体制に移行する、という流れがあるようです。あくまでもムトウ調べ。
なぜ4年生なんでしょう?

難関校対策のカリキュラムは4年生からスタート

一般的に、難関校をターゲットとしている進学塾のカリキュラムは4年生からスタートしています。それで、中学受験を知っている人は「4年生から新体制」に移行するわけですね。
有名な進学塾は4年~6年まで通期カリキュラムを組んで学習内容を前倒ししていき、6年生の夏休み以降は志望校に合わせた演習問題を行います。もちろん4年の途中、5年から入塾することは可能です。
中には3年生から始めましょう! というところもありますが、本格的な受験対策というよりは受験コースに慣れていくプレコース的な意味合いが強いところも多いです。

福山の場合は?

さて、福山の場合はどうでしょう?
附属の受験に強い若竹塾、鷗州塾、能開の3つを調べてみました。

若竹塾

3年生 勉強習慣をつける
4年生 中学受験に必要な基礎学力を養成
5年生 中学受験に必要な応用力を養成
6年生 中学受験に必要な実戦力を養成

鷗州塾

3~6年生
カリキュラムについては記載がありませんでした。

能開

  • 附属・難関校コース

3年 勉強に興味を持たせながら、重要単元の定着を図る
4年 勉強に興味を持たせながら、重要単元の基礎から応用までを扱う
5・6年 入試分析に基づく合否分岐問題をクリアできる応用力を高める

  • 有名私立コース

4年 地元有名私学の合格を目指すクラス
5年 近大附属・暁の星を目指すクラス
6年 県立広島中・市立福山、近大附属・暁の星など、地元有名私立の合格を目指すクラス

若竹は基本的に附属を目指す塾なので、4年生からカリキュラムがスタートしているように見受けられますね。
鷗州はよくわかりませんでしたが、3年生のクラスの進学目標は附属となっています。
能開は目指す学校による感じです。附属であれば4年から、附属以外の中堅校は5年からという扱いなのかな、と感じます。

有名塾に行かないと一貫校には受からない?

ところで、こうした有名塾に行かないと一貫校には受からないでしょうか?
附属の入試は学力を見るので、知識の多い子、テストが得意な子が合格する傾向がありますが、必ずしも有名塾でなければならないということはありません。

現役附属保護者のchococakesさんによると「うちの子の通った塾は、附属合格者は少ないです。しかも6年生から通い始めました」とのこと。
しかし、その塾はお子さん本人が自分で選んで「ここがいい」と決めたそうです。

市立は自分で考え、言葉で書かせる問題が出るので、必ずしも偏差値が高い子が合格するとは限りません。また市立に関しては、有名塾でなくても合格することが可能です。ソースはソラの友達。

ソラ
あいつ近所の塾に通ってたし、12月の終わりまで普通に部活も来てた!

ということから、塾選びは合格実績よりも「子どもに合うかどうか」のほうがポイントかもしれません。合格実績が高い塾でも、子どもに合わなくて勉強嫌いになってしまったら、通わせている意味がありませんものね。
塾を決める際には複数見学に行き、子どもに合うところを探すといいでしょう。

保護者のサポートは必要不可欠

中学受験を4年生からスタートさせるとなると、約3年の長丁場。塾は手厚くサポートしてくれますが、塾に丸投げするわけにはいきません。子どものモチベーションを維持するのも親の努めですし、ロードマップを描くのも親の仕事。
そう思うと、生半可な気持ちで中学受験(特に難関校)をさせるのは、親子ともども不幸になるおそれがありますね。
やると決めたら本気でサポートすることが必要不可欠だと言えるでしょうね。

まとめ

以上のことから、

塾に通い始めるタイミングは、

  • 附属を目指しているなら4年から
  • 中堅校を目指しているなら5年から

塾の選び方は、

  • 合格実績よりも、子どもに合うかどうか

そのためには見学必須ですね。

受験するかどうかわからない?
そんな時は「学校プラスアルファ」が可能なZ会がおすすめですわよ。最難関以外なら「ハイレベル」で対応できます。とりあえず、学力を高めておきたい人はチェックしてみてね。

ソラ
俺もやったぜ!

 

スポンサーリンク



潮待ちステーション姉妹サイト
「書き方レシピ.com」

WEBライターの仕事は、「在宅で」「誰でも挑戦できる」のがメリット。やってみたという人のために、WEBライターがコンテンツの書き方のコツを大放出します。