サイボウズLiveが終了! 乗り換え先の本命はZoho Connect

無料のグループウエアとしてPTAを始めとする様々な組織に愛用されていたサイボウズLiveですが、2019年4月15日でサービスが終了します。
サイボウズ Live の終了に合わせ、データのエクスポートもできるようになっています。このデータを引き継げる最適な乗り換え先はどこなのでしょうか?

本命はZoho Connect

個人的にはZoho Connectが本命になるかと思います。理由は、

  1. サイボウズ LIVE にあった機能がほとんどついていること。
  2. サイボウズ LIVE からエクスポートしたデータを、そのままインポートできること。

Zoho Connectは無料で使えるグループウエア。期間制限・人数制限なしで使える上に、カレンダー・タスク・チャット・ストレージ・ExcelやWordみたいなツールもついている上、ダウンロードする際にExcel・Wordへの変換も可能という、Googleにも引けを取らない大変便利なツールなのです。Googleとの違いはサイボウズLiveのインポート機能くらい?

無料版は15グループまでという制限がつきますが、有料版にしても100ユーザーまでのプランで1人1,200円/年とリーズナブル。
GoogleやDropboxやBoxなど他社のアプリとも連携することができます。

ただし、スマホで使うにはアプリのインストールが必要です。

チャットワーク VS Slack

グループウエアとしても使えるものとして、オンラインチャットがあります。体感としては「チャットワーク」と「Slack」がよく使われているように思います。
どちらか一つしか使えないわけではないので、別に両方使ってもいいのですが、どちらとも使っている私の感想を簡単にご紹介します。スペックや機能的なことについては触れません。

チャットワークのいいところ

  • 無料で使える
  • 直感的に使える
  • スマホでもブラウザログインが可能

チャットワークのあちゃーなところ

  • 無料だとチャットルームの利用に上限がある(累計14まで)
  • 無料だと通話は一対一でのみ
  • 無料だと広告が出る
  • アカウント作るのがけっこう大変(画像認証とか)

Slackのいいところ

  • 無料でも広告が出ない
  • 1つのアカウントを作成するのではなく、ワークスペースごとに作成できるので、無料のまま複数のワークスペースを作ることができるし、所属することもできる
  • 他社のアプリを追加して機能をカスタマイズできる
  • ログインしている人がわかる

Slackのあちゃーなところ

  • 無料だと通話は一対一でのみ
  • スマホで使うにはアプリが必要
正直、機能面においてチャットワークとSlackの違いはそんなにないです。ただ、意外にチャットワークは無料プランの「グループチャット上限」がキツイので、グループチャットをたくさん作って運用していく組織にはチャットワークの無料プランはキツイかもしれません。仕事で使うとしたらかなり厳しいですー。

まあ、チャットツールは正直どちらでもよいと思います。使い勝手のいいほうをお使いください。機能面も使い心地もどっちも似たような感じです。

チャットワークのサイボウズLiveインポート機能、どうなった?

チャットワークはサイボウズLiveのデータインポート機能のリリースを予定している、と表明していたのですが、どうなったんでしょうね。
いまだに沈黙を守っています。サイボウズLive終了が発表されて時間がたつので、すでにサイボウズLiveユーザーは乗り換え先を見つけ、引っ越しちゃっている可能性が高いのですが…。

サイボウズLiveをそのまま使いたい!

サイボウズLiveの乗り換えなんて面倒、サイボウズが大好きだ! というグループにはサイボウズofficeがあります。有料なのですが、NPO法人、PTA・サークル・自治会といった任意団体・非営利型一般社団法人には「チーム応援ライセンス」として9,900円(税抜)、学校法人や認可保育園、官公庁、自治体、独立行政法人、公益法人、社会福祉法人などにはアカデミック・ガバメントライセンスとして通常価格の60%で利用ができます。
運用費用が出せる組織なら、有料に乗り換えるのもアリです。

ムトウ
簡単な連絡だけならLINEでもいいと思いますー

【やや詳しい人向け】サイボウズLiveの代替に使える無料グループウェア5つ【追記あり】

2018年3月21日

サイボウズLiveは終了!PTAで使えそうな無料のグループウェア3つ

2018年2月6日
スポンサーリンク



潮待ちステーション姉妹サイト
「書き方レシピ.com」

WEBライターの仕事は、「在宅で」「誰でも挑戦できる」のがメリット。やってみたという人のために、WEBライターがコンテンツの書き方のコツを大放出します。