福山市の進学塾とZ会中学受験コースの料金を比較してみた

中学受験にはお金がかかる!
でも具体的においくら万円かかるんでしょう?
そこで、福山の塾のうち、附属への合格者数が高い若竹・鷗州の受講料とZ会中学受験コースを計算してみました。シミュレーション大切。能開はネット上で受講料を公表していないので、今回は省略します。(能開に行けばパンフレットをもらえると思うのですが、うちからは近くないので)

若竹塾に5・6年生の2年間通うと?

2019年7月の料金で計算します。
若竹塾福山校、算数や記述の特訓講座を受けない(本科だけでオプションなし)場合。

若竹塾 教科 1か月 12か月
5年生 Sコース 4教科 25,920 311,040
6年生 Sコース 4教科 28,080 336,960
648,000

5年生はトータルで311,040円、6年生は336,960円(税込み)。ちなみに特訓講座はいずれも5,000円前後です。
なので、5・6年通った場合のトータル受講費は648,000円、特訓講座を2つずつ2年間つけたら約90万円くらい。若竹にお子さんを通わせていた人によると、この料金がすべてで、夏期講習や冬期講習などが別途請求されることはないとのこと。

鷗州塾に5、6年の2年間通うと?

2019年7月の料金で計算します。附属を受験するつもりでスーパー選抜SSで計算。

鷗州塾 教科 1か月 12か月
5年生 スーパー選抜
SS
4教科 19,800 237,600
6年生 スーパー選抜
SS
2~5教科 20,700 248,400
486,000

2年間通った合計は486,000円と若竹塾よりはだいぶお安め。ですが、「入塾金:8,000円(税別)」のほか、「施設費900円 or 450円」「プリント代500円」、「教材費」「模試料」等は毎月必要。すべて税抜き価格。施設費900円にプリント代500円だけでも、2年間で33,600円必要になりますし、6年ともなると模試も頻繁に入りますから、うーん、合計いくらくらいになるんだろう?

Z会の中学受験コースを2年間受講すると?

コスパでいけば通信教育は塾に比べて安いはず!

2019年度の金額で計算します。
本科のみオプションなしです。

Z会中学受験コース
5年生 4教科 220,320
6年生 4教科 224,352
444,672

5年生は220,320円、6年生は224,352円、トータル444,672円(税込み)。若竹と比較すると203,328円もお安いです。でも鷗州とは受講料自体は大差ないですね(鷗州は別途料金が多い)。
Z会中学受験講座は、地域の学校には合わせておらず「中学受験にはこのへんが出るよね」という、一般的なカリキュラムになっています。でも難関校は問題に特徴があることも珍しくありません。そこで、Z会は学校に合わせた対策講座も用意しており、オプション講座は3,000~5,000円くらい。ただし、学校別に対策講座があるのは一部の超難関校だけで、広大附属は対象外。

若竹塾と鷗州塾の違いを分析してみた

附属の合格実績を比較する際に注意しておきたいのが、合格者数は校舎全体の数字である点。

ご存知のように、鷗州塾は広島を中心に岡山、山口、大阪でも教室を展開しています。一方の若竹塾は福山を中心としているため、附属受験に臨んだ分母の数自体がそもそも違うんですよね。その上で、2019年春の実績では若竹のほうが若干上回っているところを見ると、若竹塾が生徒一人一人をフォローし、引っ張り上げていったことが推測されます。
つまり、若竹塾は高いけどそのぶん丁寧に見てくれる、というわけですね。

対して鷗州はどうかというと、附属だけでなくAICJ、広島学院、ND清心など広島の上位校をターゲットにしているので、演習問題も幅広くいろいろやるのかなという印象。広大附属福山にこだわらず、広島方面の難関校を受けるのなら、鷗州塾のほうが強そうです。これは能開も同様かと。

若竹塾のスケジュールは?

公式サイトを見ると、5年生は週に国語・算数×120分ずつ、理科・社会×60分ずつ、6年は国語・算数×120分、理科・社会×120分。
時間帯は平日だと17:00~19:05、土日クラスだと14:00~20:10となかなかハード。

塾での講義時間を確保しようとすると、時間も長くなるし、夜も遅くなりますね。まあ、これは若竹に限った話ではありませんが。

鷗州・能開のスケジュールはよくわからないので省略。

ムトウ
中3の1年間、能開に通ったけど、火木土だった気がするー。
コツメ
中学受験じゃないし。第一何年前の話よ?
ムトウ
幽遊白書がアニメ化されてて、妖狐蔵馬がクラスの女子に人気でした!

Z会のスケジュールは?

Z会は通信教育なので、時間は目安なのですが、各教科1日60分ずつ、平日はびっしりやるスケジュールです。講座とは別に「これやっといて」という計算ドリルや漢字ドリルもあります。

5、6年生とも4教科すべて月2回の添削提出。「通信って家でやるだけだから、楽勝じゃん」と思うかもしれませんが、小学生に宿題別として毎日60分勉強させるのはけっこう大変。休むと溜まる→やる気失う、というループも通信教育あるあるです。案外ハード。

コスパを考えればZ会

福山で塾を使って受験対策をしようとすると、なんやかんやコミコミで2年間100万くらいという計算でしょうか。お財布的にはやはりZ会のほうが優しいですよね。そうはいっても、1年で20万かかります。
ただしZ会は「自分でコツコツやることが苦痛ではない」子のみ通用する勉強方法です。中学受験コースには受講生一人一人に担当のアドバイザーがつきますが、質問や相談はタブレット越しです。Z会のシステムが苦痛ではないことも必要になるので、誰でもできる方法ではないのが難点でしょうか。

対して若竹塾、というか一般的な進学塾は、生身の先生が質問や相談にも応じてくれます。レスポンスまでの時間も早いので、一人悶々とする時間も少ない。また、まわりには自分と同じ立場の子がいるので、モチベーション向上にも役立ちます。困難なミッションに立ち向かう際、仲間がいるのは心強いです。
難関校(福山なら附属、近大難関、県立広島あたりですかね)にどうしても行きたい! というのなら塾のほうがいいでしょう。

以上の点から、Z会中学受験コースに向いているのは

  • 志望校は難関校ではない
  • 安く済ませたい
  • コツコツ一人で勉強が苦にならない
  • 学校や知り合いなどから、志望校の入試情報を入手できる
  • 塾費用は高いと感じる
  • 塾への送迎が負担になる

こういうご家庭のお子さんは、Z会に向いているといえます。

ここに当てはまらない項目が多い方は、塾を検討したほうがいいでしょう。

さて、問題はZ会だけで合格した子実在するのか? という点ですが、ちゃんと実在します。(福山の子ではありませんが)

塾なし中学受験! 塾に行かないで合格した子は、どんな勉強法で乗り切った?

2019年6月24日

Z会は1か月のみの利用もOKなので、iPadとiPad専用ペンがあればお試し受講してみるという方法もあります。公式サイトでは動画を使った体験コーナーもあるので、のぞいてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



潮待ちステーション姉妹サイト
「書き方レシピ.com」

WEBライターの仕事は、「在宅で」「誰でも挑戦できる」のがメリット。やってみたという人のために、WEBライターがコンテンツの書き方のコツを大放出します。