みろくの里のプールの攻略法! おすすめレンタル席や更衣室の混雑回避術




福山の代表的なレジャープールの一つ、みろくの里。せっかく行くのだから効率的に遊びたい! という人のために、みろくの里のプールの遊び方をご紹介します♪

みろくの里のプールはこんなところ!

みろくの里のプールには全部で5つのプールがあります。

出展:みろくの里

  • シャワードーム

トランポリン型ドームの上で弾んだり滑り降りたりできます♪ 超楽しい、みろくの里の一番人気プール。曜日や時間帯関係なく、待ちます。遊べる時間は10分。

  • ウォータースライダー

普通のスライダー2本とチューブスライダー(浮き輪に乗って流れる)1本あります。人気があるのはチューブスライダー。下りてきた人から浮き輪を受け取って(スタッフが誘導しています)階段に並びます。人が多いときはかなり待ちますが、平日や時間帯によっては少ないこともあります。普通のスライダーはサクサク流れていきます。

  • 定形型大プール

ウォータースライダーの手前にあるプール。半分は水深が浅く、小さなお子様でも安心です。人が多いのでガッツリ泳ぐには適しませんが、ボール遊びや水遊びなどはOK。水深が浅いので子ども連れの人が多い印象です。

  • キディプール

小さい子向けスライダー付きのプール。子ども専用なので、小さなお子さんでも安心して遊べます。人が多いとスライダーは待ちます。水深は浅いのですが、小学生以下は大人が付き添ってあげてください。スライダーでどんどん人が下りてくるので、素早くどかないとぶつかる危険性があります。

  • ガーデンプール

水深120cmと少し深めのプール。芝生に面しています。大人の人が多い印象です。

みろくの里プールの注意点

  • ラッシュガードはOK
  • レンタル遊具はなし/空気入れサービスはあり・有料
  • 飲食物の持ち込みは基本的に禁止だけど、飲み物はOK(離乳食・アレルギー食もOK)
  • テント・パラソルの持ち込みは禁止
  • 園内にATMはないので、現金は多めに用意しておく

みろくの里のおすすめレンタル席

みろくの里はパラソル持ち込みを禁止しています。またプール近くに日陰はないので、席をレンタルすることになります。
レンタル席には、大人数用さじき席からパラソルとテーブル、パラソルとござなど様々なタイプがあるので、人数に応じて選ぶといいでしょう。

一番安いのは芝生に設置されたパラソルとレジャーシート1,300円。子連れにおすすめなのはチェア4つとテーブル2,000円。5人以上で行くなら、さじき席のほうがリーズナブルになりますが、数が少ないので早くなくなるという難点が。
ちなみに定形型大プールとシャワードームの間のテーブル席は、足元に水がたまるので、おすすめしません。プールには近いんだけどね…。

場所はどこでもいいのですが、子連れならキディプール周辺が飲食店も更衣室も近いので、利便性は高いかなと思います。こちら側から埋まっていくので、ガーデンプール側のほうが席数にはゆとりがあるように感じます。

トイレはガーデンプール横のほうが広くてきれいです。

お盆の時期はとにかく混雑する! 混雑回避術

福山市内に大きなレジャープールがないことから(メモリアルパークくらい?)、みろくの里のプールは混みます。特に福山出身の人が帰省するお盆の時期は、行列がみろく坊やのありたまでできてしまうほど。10時前後が特に混雑するので、行列回避を考えているなら「早めに行く」または「12時近くになってから行く」のがおすすめ。ただ、遅くいくとパラソルが残っているか? という問題もありますので、いっそ人が帰り始める3時過ぎに行き夕方いっぱい遊ぶという方法もあります。
8月は土日・お盆ともにナイター営業をしているので、夜行くというのもアリです。

みろくの里の入場料は?

プールパス
おとな 1,800円
子ども 1,500円

フリーパス(プール利用料込)
おとな 3,200円
子ども 2,900円

当日なら再入場が可能です。駐車場は無料。

まとめ

みろくの里のプールは楽しいです! でも混みます。また更衣室は古くて狭いので、行きは水着を着た上から服を着て、脱ぐだけにしていくのがベスト。
たくさん遊んで、楽しい夏休みを過ごしましょう♪

 

スポンサーリンク



潮待ちステーション姉妹サイト
「書き方レシピ.com」

WEBライターの仕事は、「在宅で」「誰でも挑戦できる」のがメリット。やってみたという人のために、WEBライターがコンテンツの書き方のコツを大放出します。